福井県議会議員

つじ一憲

共に生きる社会を!

つじ一憲からのおしらせ

つじ一憲 フェイスブックページ』で日々の活動を更新中!  

»つじ一憲FBページへ

» 政治活動FBページへ

つじ一憲 ブログ』でも紹介! » ブログへ

プロフィール

おいたち

昭和40年9月24日生まれ

こどもの頃は野原でトンボを追っかけ、田んぼや川でカエルやザリガニを捕まえたりと自然の中で遊び回りました。小学校高学年になるとソフトボールに夢中になり、中高では野球部や陸上部で活動しました。

幼少期のスナップ
幼少期を町屋県住(福井市)で過ごす

学歴

  • 昭和53年(1978年) 福井市立松本小学校卒業
  • 昭和56年(1981年) 福井市立進明小学校卒業
  • 昭和59年(1984年) 福井県立高志高等学校卒業
  • 昭和60年(1985年) 早稲田大学政治経済学部入学
  • 昭和63年(1988年) 同大学中退

大学時代に、アジア・アフリカの子どもや女性たちが紛争や災害によって命を奪われ、貧困と差別に直面する現実を知り、「誰もが平和で安心に暮らせる社会」をめざして民間国際協力活動に参画。

  • 大学4年時、社会の問題解決に主体的に取り組む実践者となるべく決意し、大学を退学。
  • 平成11年~12年、衆議院議員 辻一彦 秘書
  • 平成13年福井にて、自然体験活動・国際交流活動の団体を設立。
  • 平成26年12月 第47回衆議院議員選挙に福井県第2区からも出馬するも落選
  • 平成27年2月  福井県議会議員選挙で初当選(越前市・今立郡・南条郡選挙区)
アフリカでのNGO活動でのスナップ
大学時代、アジア・アフリカでNGO活動

主な役職

政党 民進党福井県連幹事長
自然・教育・交流 ふくいエコ・グリーンツーリズム・ネットワーク代表
福井市自然体験交流推進協議会顧問
国際・平和 NPO法人福井県日本中国友好協会理事
NPO法人こどもたちのアジア連合顧問

座右の銘

「あきらめない」

趣味

自然体験活動

政策

つながる

  1. 自然・文化の継承と環境保全
  2. 循環型農業の推進と安全な食・鳥獣対策
  3. 地震・水害など、災害に強い地域づくり
  4. エネルギー地方分権の推進、再生可能エネルギーの推進
  5. グリーンツーリズム、教育旅行、国際交流推進

ささえる

  1. 高齢化対策、介護、医療の充実
  2. 障がいを持った方に優しい環境づくり
  3. 仕事と家庭を両立できる支援策の充実
  4. 若者や女性のチャレンジ支援・NPO支援
  5. 多様な生き物が棲む里づくり支援
  6. 地域自治を担うひとづくり

はぐくむ

  1. 成長産業、中小企業の支援
  2. 地場産業、コミュニティビジネス支援
  3. 働く環境日本一
  4. 農林漁業支援、魅力ある観光推進
  5. 原発の安全性と防災の徹底
  6. 少子化対策、子育て環境の充実、生きる力の育み
  7. 福井型18年教育の推進、教員の適正配置
NPO活動でのスナップ
NPO活動でのスナップ
NPO活動でのスナップ

物価高に苦しみながら年金で暮らすご高齢者。収入が増えない中で、懸命に子育てに奮闘しているお母さん、お父さん。原材料高騰に悩む中小零細企業の経営者。

生活者、働く者の立場に立ち、その声に真摯に向き合い改善を積み重ねていく。そんな当たり前の「草の根」政治が私の原点です。

私がめざすのは、今の時代にふさわしい、格差のない「共生社会」です。

一人一人かけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつ、互いに支え合い、共に生きる社会を皆さまと一緒につくっていきたいと思っています。

福井県、とりわけ南越地域は豊かな自然環境や地域文化に富み、世界をリードする企業や伝統産業など多くの事業によって雇用がつくられ、また循環型農業やそれを活かした交流事業、子どもの学びなど多種多様な取り組みと地域づくりが進んでいます。

私は、これら可能性を秘めた多様な土台をしっかりと生かし、南越に根を下ろさせていただき地域力日本一の県づくりに取り組みます。

問い合わせ先

つじ一憲事務所

〒915-0814 福井県越前市中央2-3-6
(武生郵便局斜め)

メール:tsuji-of@yf.ttn.ne.jp
電話:0778-22-8090
FAX:0778-22-8091